break

士業

世の中には、色んな職業が存在します。その中でも、専門性が高く資格の取得が困難である仕事には、「士」と言う文字が付けられています。
これらは「しぎょう」「さむらいぎょう」と呼ばれている職業で、弁護士や税理士、司法書士などを挙げる事が出来ます。

士業のうち、主な物として挙げられるのが、弁護士・司法書士・税理士・土地家屋調査士・社会保険労務士・行政書士・弁理士・海事代理士の8つになります。またこれらは、8士業と呼ばれており、職務上請求権が戸籍法上で認められている物になります。
つまり職務に必要な場合は、戸籍標本や住民票と言ったプライバシーに関わる情報を請求する事が出来るのです。
士業は、専門性の高い職業の為、私達の暮らしに密接に関わっている物程、頼る事が多いと言えます。

例えば、その中の1つとして税理士を挙げる事が出来ます。
税理士とは、税金の事を専門的に扱っている士業です。税金は、国民にとって納める義務がある物なので、とても身近な物と言えます。その為、士業の中でも税理士を頼る機会は多いと言えます。
また法律に詳しい弁護士や司法書士にも同様の事が言えます。法治国家である日本で生活していくには、弁護士や司法書士などの法律に詳しい士業は、必要不可欠だと言えるのです。

体調不良で悩んでいる際には、医療の専門である医者に行くように、税金や法律で悩んでいる際には、税理士、弁護士や司法書士を頼る事は自然な流れだと言えるのです。

オススメ情報